岐阜にある大源寺大源寺を表す家紋

岐阜で初めての本格的な樹木葬
大源寺 曠然苑(こうねんえん)

継承者がいなくても安心の永代供養
自然に還る新しい葬法の樹木葬

1区画33年間永代使用料

1人利用25万円

2人利用40万円

お知らせ

2018.12.11大源寺情報→樹木葬の良い所

2018.11.19地域情報→大垣市の紅葉

2018.11.18住職日記→樹木葬地の紅葉

2018.11.08終活情報→大源寺までの交通

2018.11.05終活情報→樹木葬と石のお墓の違い

2018.11.02終活情報→色々な納骨方法

2018.10.31終活情報→納骨のタイミング

2018.10.29終活情報→樹木葬の納骨方法

2018.10.29終活情報→永代供養のお墓とは

2018.10.16住職日記→一三夜・・・

2018.9.10地域情報→大源寺は岐阜の神戸町

2018.06.05大源寺情報→開眼法要を行いました。

2018.06.03大源寺樹木葬について中日新聞から取材をいただきました。→専用墓地が完成

2018.06.01大源寺樹木葬について岐阜新聞から取材をいただきました。→新たな供養を提案する

樹木葬の検討、お墓に関するお悩みの方へ

大源寺曠然苑の外観

お墓に求めること

  • 遠くに住んでいる子供に継がすのは申し訳なく負担も掛けたくないので、継承者はいらない
  • 経済的な負担をできるだけ減らしたい
  • 冷たい印象のある石のお墓ではなく、自然に還りたい
  • 民間霊園でなく、歴史あるお寺で信頼できる場所が良い

大源寺の樹木葬は
想いに応える
永代供養のお墓です

樹木葬とは

従来の墓石を墓標としたお墓とは異なり、生きた樹木を墓標とする葬法です。骨壷のまま納骨す るのではなく、お骨を土の中に埋めることにより自然に還る自然葬となります。よくイメージさ れるのは、【1人に1本の樹木を植えるので、管理が難しい】といったこと。それは樹木葬の種類 にもよります。大源寺の樹木葬では、維持管理はお寺が行い、難しいことは一切ありません

もっと詳しく知る

大源寺の山門

大源寺の曠然苑(こうねんえん)

「曠然(こうねん)」とは臨済録にある語(言葉)で、「悠々自適であること」という意味。心静かに眠るにふさわしい場所になっています。 シンボルツリーとしてしだれ桜が墓苑の中心にあり、人工物をなるべく置かないようにし、お寺と自然の一体感を大切にした樹木葬地になっています。

もっと詳しく知る

大源寺の樹木葬の墓苑の全景

樹木葬に掛かる費用

従来のお墓のように墓石がなく工事費が掛からず、管理費もないため経済的な負担の少ないお墓となっています。

もっと詳しく知る

大源寺の墓苑の杉苔を強調

契約までの流れ

まずは現地を見学して頂きます。その後、使用する区画を決定し契約書一式を記載し申し込みで契約となります。 お墓の購入は一生でもそうあることはなく、ご不安に感じるかもしれません。不明な点は、ご遠慮無くお問い合わせください。

もっと詳しく知る

契約についてのイメージ

臨済宗妙心寺派 大源寺

1661年に、大垣藩主戸田肥後守氏西の庇護のもと、慈溪寺二世の密雲和尚の隠居所として再興されました。

もっと詳しく知る

大源寺の本堂の外観

交通・アクセス

岐阜県の神戸町にある大源寺。岐阜市の西隣に位置します。最寄り駅は大垣駅。東海環状自動車道の大垣西インターからもほど近い場所です。

もっと詳しく知る

大源寺樹木葬の
資料請求と
見学会お申込み

お電話でのお問い合わせ

TEL 0584-27-2092

メールでのお問い合わせ

info@daigenji.net

現地見学は事前にお問い合わせください。またご不明な点などお気軽にお問い合わせください。

関連ページ